医療レーザーでの脱毛とほくろの関係について

医療機関に行くと受けられる医療レーザー脱毛では、体毛のすぐそばにほくろなどの色素が沈着している部分があると、その部分も一緒に除去されます。これは色素沈着部分の面積が小さければ一石二鳥となりますが、面積が大きいと身体への影響も大きくなります。

一般的な医療レーザー脱毛では、黒色もしくはそれに近い色の物体が反応する性質を持つ波長の光が用いられます。この光が体毛に吸収されると熱が発生し、毛根部まで熱が達すると毛母細胞にダメージを与えることができます。損傷した毛母細胞はそれ以上細胞分裂ができなくなるので、体毛の成長が止まり、後は抜け落ちていくだけになります。このとき、体毛の近くにほくろがあると、レーザーを照射したときに、その部分も反応して、熱の力で色素を消し去ってしまいます。

医療脱毛の施術中にほくろを一緒に除去するかどうかは施術を受ける人次第です。もし、除去する場合は、必ず体毛の処理をする前に色素沈着部分を除去する施術が行われますが、除去せずに体毛のみを処理して欲しい場合は、絶縁針を用いる方法で除去するか、色素沈着部分が反応しにくい性質のある光が照射できる機器を使用するか、いずれかの方法を選択することになります。前者の絶縁針を用いた方法は、電気の力が用いられるため、色素沈着があるかどうかに関係なく体毛のみを処理することができます。一方で後者は、前者の方法と比較すると施術に時間はかかりませんが、色素沈着部分が若干反応することがあるので注意が必要です。
医療脱毛調査委員会│効果の期待できるおすすめの安いサロンはどこ?はこちら